読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 スピノザ.B.D『知性改善論』(3)

人間はしかし無力のためその思惟によってこの秩序を把握できない、だが一方人間は、自分の本性よりはるかに力強い或る人間本性を考え、同時にそうした本性を獲得することを全然不可能とは認めないから、この完全性〔本性〕へ自らを導く手段を求めるように駆られる。そしてそれに到達する手段となり得るものがすべて真の善と呼ばれるのである。最高の善とはしかし、出来る限り、他の人々と共にこうした本性を享受するようになることである。ところで、この本性がどんな種類のものであるかは、適当な場所で示すであろうが、言うまでもなくそれは、精神と全自然との合一性の認識(cognitiounio unionis quam mens cum tota Natura babet)である。(p17-p18)