新しい紙へ

資料くんたちは、いま新しい紙へと作られていることでしょう。

これで良かった。ありがとう。そしておつかれさま。

資料片付けました

古紙回収業者さんに回収してもらいました。

一区切りつきました。

タイプライターのような脳

僕の脳は、韓国語と英語に関しては、聞き取りながら、タイプライターのように、文字が浮かび上がり、聞きながら読んでいる言語感覚があります。

ただ、これはインプットだけで、話したり書くという行為は出来ません。

書いたり、話すには、別の回路が必要になるようです。

良く分かりませんが。

昨日は通院日

主治医の先生に、押し入れの本やコピー資料について相談。

「それでいいと思います」とのことでした。

心の整理がつき次第、回収業者さんに連絡します。

 

難しい言葉で話す時は・・・

自分は難しい言葉で話します。

非常に難しい言葉で会話します。

仕事でも難しい言葉で話す機会があります。

人が聞いても、言葉そのものの意味が分からない人が多数だからです。

気を付けてはいますが、そういう会話をして、相手が分からない素振りをみせたら、「難しい話をしてすみません」と謝ることにしています。

謝ることは大事です。