読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某学術誌を読んでいます

えっちらおっちら、疲れた身体にむち打ち、送ってくれた学術誌を無理しない範囲で、読んでいます。

若さであるが故の特権というものはあるので、もう僕は何の権限のない古い考え方を持っている、ただの気持ち悪いおじさんなので、何の特権もありません。そうです。おじさんには何の特権もないのです。

昔は不動明王の如く怒っていたことでしょう。いまはあまり怒らず、「若いっていいね」とその方々の背中を押す役割を担っているのかもしれません。