読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食に対する関心を持つこと

拒食症状を改善するためには、食事に対する恐怖心を少しずつ緩和させていくことが大事です。

いまは、半歩ずつですが、それでかまわないと思います。

混雑した時間帯にお店に行かない。空間的に息苦しいところなら、その場から去る。

リサーチをする。場数を踏む。足を運ぶ。

人の流れを読む。難しい課題ですが、経験則的に安心して食べられるところを探すというのは、大事です。

温かい食事はすごく大事なので。