読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の特技

日記

あれだけ、大量の本を整理しては、顔見知りの古本屋さんに出入りしているので、良く聞かれることに、「この本売れる?売れへん?値段つけるならいくらやろー?」と聞かれたら、お客さんなのに、勝手に相場を読み、即答できるという、特技は身に付けました。その条件としては、その古本屋さんが人情を重んじるお店だからこそ、できることなので、他のお店ではできないという特技です。

いま、新刊本が売れずに古本が売れるのは、書き手もそれに関わっている人たちも、売り手も、多少の時間と手間がかかっても、「絶対に良い本を作ろう。必ず売れる本を作ろう。読み継がれる本を作ろう。そして必ず売ろう」というブレない意志と情熱。自らをプロとして認識する自覚と義務感がみんな足りないからなんだろうな、と感じます。

ワードで原稿を書いたとしても、そのデータが紙に印刷された時では違うことの意味や、それを自らの手で読んだ感覚が、いまなかなか伝わらない世の中なのかな、と実感しています。