齋藤希史『漢文脈と近代日本』(2)