まとまらないので

ノートに色々書いてみる。

だけど、まとらない。

とりあえず、できるところまでやってみて、

輪読のときに「針のむしろ」に自ら立つしかなさそう。