読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 李良枝『刻』(7)

李良枝

……誰が私を語るのか、私の代わりとなって……お前が嘘をついている、と何のこだまが答えるのか……。呟き始めた詩の一節がとぎれた。……私は在るのか。在ったのか、眠っているのか。醒めているのか……。


女は目をつむる。


[……]


……けれども世界は厳然としています。あなたの見ているその時計、その秒針が刻む音とともに、説明を拒んだ、全く説明を拒んだ強烈さで厳然としています。


はっとして、目を開ける。


バスが止まっている。


ドアに人々が、駆け寄っていく。


人がこぼれ、人を呑みこみ、バスが、走り出す。


カチッ、カチッ、カチッ、……交錯する絵柄の連写は、一時も止まることはない。


……私が、この風景を必要としている。私が、この今の、この風景にとりすがっている。真の呼吸も、真の矜恃さえも、この風景の中に、在る。(p146-p147)