バシュラール.G『夢想の詩学』(4)

一冊の本を書くことはいつでもつらい仕事である。たいていひとは本を書くことは夢想するだけにとどめよう、という気になりがちなのだから。(p112)