読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ハラウェイ.D『猿と女とサイボーグ』(2)

ハラウェイ

二〇世紀の社会科学者たちの伝統的なリベラルイデオロギー――自然と文化の間、そして、これら二つの互いに調停不能とされる領域に関わるさまざまな知の形態の間に横たわる、底知れぬ不可避の裂け目を温存しているイデオロギー――を、我々は、額面どおりに受け取ってきてしまった。ボディポリティックの理論の分岐が、自然をめぐる知が解放の科学へと変容するようなかたちではなく、社会管理の技法に再度ひそかに組みこまれるようなかたちで生じるのを、我々はむざむざ看過してきたのである。(同)