読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ショーペンハウアー.A『読書について』

読書について 他二篇 (岩波文庫)作者: ショウペンハウエル,Arthur Schopenhauer,斎藤忍随出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1983/07メディア: 文庫購入: 27人 クリック: 293回この商品を含むブログ (173件) を見る「著作と文体」より。 書名は手紙のあて名に…

 ショーペンハウアー.A『自殺について』

自殺について 他四篇 (岩波文庫)作者: ショウペンハウエル,Arthur Schopenhauer,斎藤信治出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1979/04メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 31回この商品を含むブログ (43件) を見る「我々の真実の本質は死によって破壊せられえな…

 ショーペンハウアー.A『知性について』

知性について 他四篇 (岩波文庫)作者: ショーペンハウエル,Arthur Schopenhauer,細谷貞雄出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1961/03メディア: 文庫購入: 13人 クリック: 39回この商品を含むブログ (20件) を見る「哲学とその方法について」より。 哲学上の著…

 ショーペンハウアー.A『孤独と人生』(4)

まずあらゆる社会はかならずおたがいに順応し調節しあうことを要求する。したがってその社会が大きくなればなるほど、それだけますます気のぬけたものになってくる。なんぴとも完全におのれ自身であることが許されるのは、その人が一人でいるときだけである…

 ショーペンハウアー.A『孤独と人生』(3)

自負のなかでもっとも安売り大売り出しの観がある自負は愛国心である。なぜなら愛国心は、これにとりつかれた人には、おのれに誇るべき個人的長所がないことを暴露するからだ。(p88)

 ショーペンハウアー.A『孤独と人生』(2)

われわれの生きかたが他人の意見のなかでどうなっているかということは、われわれの性格がもともときわめて弱いためあまりにも高く評価されすぎている。もっとも少し考えただけでも、他人がわれわれのことをどう思っているかなどということは、それ自身では…

 ショーペンハウアー.A『孤独と人生』(1)

孤独と人生 (白水uブックス)作者: アルトゥールショーペンハウアー,Arthur Schopenhauer,金森誠也出版社/メーカー: 白水社発売日: 2010/04メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 10回この商品を含むブログ (5件) を見るAphorismen zur Lebensweisheit作者: Ar…